花粉のお陰で眠たくて眠たくてたまりません。気を抜けば溶けています。
 
 
 

それがなかなか見つからず。

常々、何故かマメが出来ない靴が無いなぁと思っていたところ、
シュ−フィッターなる職業の方に驚愕の事実を告げられたかえるです。
こんばんは。

世の中の平均より少しだけ小さいので、靴売り場ではSサイズを必死に探す。
おまけに歩くことも下手なので、ストラップ付きでないと靴を前方に飛ばしてしまう。
よしんばこの2つがクリアできても、生えてくるマメとの戦いに精を出すしかない。


出かけるときには必ず使うにも関わらず、悩みが尽きない靴。
過去に一度、サイズが変わっているので、だめなかな? と諦めていたのですが、

今回、「足は、サイズ以外にも甲の高さや幅で決まりますよ」というお姉さんの薦めにより、
サイズを見てもらうことにしました。

薄い靴下一枚ですとんと立ち、足の長さを測る。
ついで、足の幅をさくさくと測ってもらって、簡易版終了。

「足の幅」という、ちょっとだけ手間のかかることをし、分かったことは、
かえるの足は、幅が足りないということでした。


世の中、足の幅サイズといえば平均は「E」ぐらい。
そして、その「E]のサイズが沢山ついている方が、余裕があって楽だと感じるらしいのですが、
実は、それがマメの素らしいのです。

ざくざくとマメを大量生産しているかえるには、大ショックな事実でした。
楽に楽に! と出来るだけ幅のある靴を買っていたからなのです。

けれども現実問題かえるの足のサイズは「C」、世の中平均よりもちょっと小さく、
お店で売っている靴ではヒールでもない限りあまり出回ってないサイズらしいのです。


…。
年々、おしゃれな靴が世の中に出回り、「いつか、こういう素敵な靴をはきたい」と
夢や野望が膨らむにも関わらず、でも、かえるのサイズは殆ど無し。

あんなに広い靴売り場で、あんなにお姉さんが走り回って探してくれたのにもかかわらず、
流行の靴でかえるのサイズは全くなし!


そろそろ自分の木型を作ってしまうという、壮大な夢と希望を持ちそうです。
シンデレラの靴がないのでしたら、自分で製作です。


夢を追い求めるのも楽しいですが、らちがあかなければ力技なのです。
それがきっと、世の中を生きるコツなのです。

ぶんぶん。





 
 

About絵日記秘密かえるぷ〜す自殺現場LINKメ〜ル