大阪変記
 
大阪珍道中2

とりあえず、朝…。
9時には寝たのにも係わらずなかなかおきないカエル一号の部屋に2号が乱入、
布団をムシりとるという暴挙による起床となりました…。
一応、午後一はお仕事があったのですが
そこら辺は社外秘?ということで。
まぁ、人様にお会いしてきました。
そこに行くまでのタクシーの運転手さんの話の面白かったこと。
そのお話から分かったことは、
1、タクシーの運ちゃんは怖い人が多いと言う事。
2、しかし、その系の運ちゃんは我慢強いと言う事。
3、切れたら怖いので、やっぱり怖いと言う事。
4、ということで、タクシー・ダンプの車には優先権が有っても譲れ!!
5、じゃないと、怪我するのはこっち(はあと)。
というちょーっと恐ろしい事でした。

あ、でもやっぱり大阪のタクシーは運転が面白かったです。
…。
怖かったけど。

そんなちょーっと恐ろしいタクシーでホテルに戻ると5時!!
間に合うのか?
と言いながらやっぱり泣きながら美容院に走り込み、

ぎりぎり6時で着替えを終了させ、
三等兵さん「生ギャッフン」を言わせるよう仕込みをフロントから受け取り
泣きながら集合場所へ。
……。

え…・・。
すみません、集合場所「人」が多すぎて分かりません。
アフロいるかなぁっと思ったのですがそれもいませんし…・。
サメを頭につけている人はいらっしゃったのですが、他は普通だし・・。
なんだ、もしかしたら皆さん言っていただけで普通の格好で来たのか・・。
と思いつつ海風さんに電話。
海:「三和銀行の前に居ますよー」
か:「えっと、左手上げてください」
海:「はいー」
よし、あそこの入り口でふよふよしている人だ!!
とあたりをつけて近づきご挨拶。
案の定、ご主人様でした。
海:「最初に見つけたから、今日は隣だよ―」
49人もいるお夕飯で、かえるはいったいどこに座ればいいのやら?と思っていたカエルにとっては、
えらい有りがたいお言葉を頂戴し、皆はあそこだよ―と連れられていったところはやはり…・
サメを頭につけている方の場所でした。
…。
サメだしなぁ…(意味無し)
その後は皆さんとご挨拶をしたり、お土産や名詞配りをしていた所へ
みずはさんの携帯に電話が…。
電話の主は三等兵さん
みずはさん:「三等兵さんつきましたよ。そこの電話ボックスから出てくるそうです」
との声に48人一斉に見つめる電話ボックス!!
なかなか出てこない三等兵さん!!
て…照れてる?
・ ・。
ようやく、こそーっと出てこられた三等兵さんはあっという間に皆さんに囲まれ…
そして…・いじられていました…。
大丈夫か・・三等兵さん…・。
そろそろはじめの何かを奪われそうだよ……。

結果としましては、少々の血液を奪われたに過ぎませんでしたが、(十分酷い)
大阪、繁華街の中心でいじられた事実は三等兵さんの何かを確実に奪われたかもしれません。
み・・皆さんプライドとかプライドとか…(汗)

えっと、カエルは三等兵さんのご冥福をお祈りいたします(ぺこり)

その後、そのまま三等兵さんへの貢物渡しが開始され
三頭兵さんは…荷物まみれになっておられました。
・ ・。
そ…それでもにこにこしている三等兵さん…ちょっとおいたわしい…。
でも、カエルのギャッフン用の荷物(ここのチョコレートです)が一番重そうでしたので
これについては何も言えないです…・。

その後、ここにぞろぞろいても仕方がないと言う事で(まだ居た)
一路、会場へ。
49人を42人?部屋に押し込むのに相当の苦労がありました。
だって、誰もなかなか座らないんだもの…・。
ご飯が始まればどうせ皆立つからということで最後の方は無理やりに座らせていました。
…幹事さん、ご苦労様です。
無理やり座らせた後に、はじめの言葉を海風さん 音頭を三等兵さんが取り、
三:「三年B組―」
48人:「金八先生ー(大声)」
というやっぱり無謀な開始ではじまってしまいました・・。
…。
えーここから後は各自ばらばらで三等兵さんをいじられたり
各自、みずはさんに挨拶にいかれたり、
旭屋さんが女装されたり、
まこちーさんがまこさん?を迎えに行ったり、
おにいちゃん(やすしーさん)が持ってこられたぬいぐるみにデスマスクを装着、
その上にアフロをかぶせて受けを取ったり、メイドさんと写真撮影が始まったり、
…カエルがカエルを描いていたり…。
えっと、わけわからない状態になっておりました。
分かっているのはこれだけ。
三等兵さんはご飯をほとんど食べられなかった。
たえさんもご飯をほとんど食べられなかった。
海風さんは、幹事は食べる!!とまこちーさんに言われたくさん食べた。
みずはさんはハンターモードを発動、その結果何故か男性にモテモテ!!弟子入り殺到になっていた。
ホヅさんはこっそりお酒をのんでめろめろだった。
でも、ちょっと引いていた。
メイドさん萌え属性の方がいっぱいだった。
…・。
怪しい飲食編とも言えるかもしれません。

あ、ちなみに無謀オフ女子参加者いわく、
テキスト系サイトにおける自称非モテは「嘘」だと言う事です。
えっと、旭屋さん、三等兵さんは以後非モテといいますと
「今回の女子参加者の美鑑定を嘘付きということにした」
ということになりますのでご注意下さい。


そんなこんなの絶対にカエルには文章に出来ない飲食編は店員さんの
「そろそろ時間ですから・・・・(言外にはよ出ていけというプレッシャー有)」
 の一言で終了。

カラオケへ行く方と帰る方に分かれました。

カエルは一応カラオケ組に分かれたのですが、
暑くて仕方が無かったのと、2号からの
「件名:今 内容:今ショットバー。酒が美味い。いいだろう」
の一言にくらくらしてしまい、離脱。
最初、三等兵さんとみずはさんと駅までご一緒に帰る予定でしたが
急遽2号がカラオケ店まで迎えに来てくれた為、
こそこそしながらの離脱となりました。
お見送りに来てくださったたえさん、他数名の方(名前を覚えられなかった(涙))
ありがとうございました。

そして、カエルは2号のオフ会に参加。(別名、大阪呑みオフ)
が、一杯目を飲んでいる最中に他の方全員が「奥様が怖い」という台詞と共に
お帰りになったため…・カエル、ご主人様とたえさんを召還・・。
何事?
とカラオケ店から出てきてくださったお二人をそのまま拉致、
一時ごろまでご一緒させていただきました。
・ ・。
お話のテーマは何故か「大学と就職について(多分)」
また、お会いしてお話をしよう!!というカエルの提案に悩みながら
「2月…3月ぐらい?なら」と一生懸命考えて下さったり、
ネットではお話出来ない事をお話したり、
と完全にオフ会の趣旨とは離れていましたが、非常に興味深かったです。

一時ごろにはお二人とも合流すると言う事で、
カエルとはお別れし、カエルもホテルに戻りました。

それはそれは、ぐったりどっきりな一日でした。
      
 
 

Banner