ストレスの行き先。(2002年2月21日より)
 
「何も感じない、何も考えられない、自分が自分ではない感じ」というのを
離人感というのですが、かえるひさしぶりにそんな感じです。
・・・こまったなぁ・・・。
と言う訳であまりにも「何か」を考えられないときは、
かえるはお茶を飲む事にしています。
何でだろう?と考えるだけ無駄だからです。
原因がわかっていれば、きっとかりかりしていますし
それに向かって何かをしよう!!としているからと思うからです。 
愚痴も無い、現状に何かストレスを感じているわけでもないのに、
ふとこんな「人生の穴」に落ちこむような、ぽっかりとした感覚。
 
自分って何だろう?と思う感覚。
そんなふわふわした感覚の中で生活するのはちょっとだけ大変なので、
本当は忙しいかもしれないけれど入れるお茶。
変に凝らず、好きなお茶を入れてみる。
それをゆったりゆったり飲みながら、昔の自分を考える。

何をしてみたかったのか?
何が欲しかったのか?
それの為の努力は?
そして、現状は?
 
人はとってもストレスを感じたときに、「ストレスを感じている自分」を無くしてしまいます。
それが一番生きるのに楽だから。
ストレスを感じて苦しむ自分が嫌だから、自分でその心を殺してしまいます。
それは悲しい事に、無意識の中で行われる為に滅多に自分では気が付きません。
そんなどこかの教科書で読んだ文章を思い出しながら
ゆっくりゆっくり考える。

ストレスはけして悪いものではない。
あえて言うなら「危険信号」
忘れてしまうほど貯めこむ前に、どのくらいのストレスか探してみるのはどうでしょう?
かえるのストレスはけして癒えない傷を持っている人を見かけたから。
自分の心を見失った人を見かけたから
というわけで、これを見ている人に聞きます。
貴方のこころ元気です?
      
 
 

Banner