平成17年4月16日。
 
Picture
○
環境が変わると、何が一番補給しやすいものが変わる。
補給しやすいものが変わると、どれを利用して動力とするのか? も変わる。
そんなことをかちかちとゲームをしながら思っていたかえるです。
こんばんは。

本に触れ、新しい世界に行くと、最初にすることは「どんな世界か?」というマッピング。
次にすることは、大概故意に止められている、動力の回復。

そんなことばかり、かちかちかちかちしていると、
「新しい場所に行く」→「周りを見渡す」→「動力確保」という、刷り込みができてしまいました。

新しいお店に行っても、入店し、うろうろしてから、お店の人を呼んで色々と聞き、
知らない場所行っても、場所に着いたら、マップを手に入れてから、必要そうな場所を探し出す。


最初のうちは、「とうとう日常生活までMYST病にかかってきた」と途方にくれていたのですが、
よくよく考えてみたら、ずいぶんと理にかなった方法です。

今まで自分が居た場所で使えていた行動理念等が使えなくなったとき、
最初にするのは、既にそこに居る人たちの行動の観察、そしてそれを取り入れてみることだと、
かえるは小さい子の行動発達をみていると、思うのです。

何をしてよいか、悪いのか。
どこまで取り入れて良いのか、悪いのか。

その行動は、どういう理屈でもって行われているのか。
行われる原因、要因(動力)はどういったものなのか。


普段、生活圏においては気にならないこれらのこと。
でも、今までいた場所や地位とは違う場所に行ったら、まずはやっておいた方が良いこと。


流石、どう考えてもちょっとありえない世界を構築するMYST。
全体の構築においても、しみじみと考えてあります。


しみじみ。
      
 
Prev Index Next

Top